育毛剤はどうやって選んだらいいの?効果的な選び方とは?

男女で違う薄毛の原因とは?

薄毛の原因は男性と女性で異なります。AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、成人男性に発症する進行性の脱毛症で、髪が痩せて短くなっていきます。AGAの原因として遺伝や男性ホルモン、生活習慣やストレスなどのさまざまな要因があげられますが、最も大きな原因は男性ホルモンの変化だといわれています。対して、女性の薄毛の原因で最も多いのは、頭皮のトラブルだといわれています。また、出産時に薄毛になることも多いことから、ホルモンバランスの変化も原因のひとつとされています。もちろん、男性同様、生活習慣やストレスなども原因となります。

育毛剤の正しい選び方とは?

薄毛は男女で原因が異なりますので、育毛剤の選び方も原因に沿ったものを選ぶ必要があります。育毛剤には、男性ホルモンを抑制するタイプ、血行を促進するタイプ、毛母細胞を活性化するタイプ、毛根に栄養を補給するタイプなどがあります。原因に沿ったものを選ぶ場合、例えば、男性であれば、男性ホルモンの増加が薄毛の原因となっている可能性が高いので、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤を選ぶと効果的でしょう。ストレスを抱えている人は、血行不良を起こしている可能性があるので、血行を促進するタイプがおすすめです。また、男性用・女性用と明記して販売している場合がほとんどですので、男性は男性用を、女性は女性用を使用するのも大切なポイントです。なお、薄毛の原因はひとつとは限りませんので、いくつかの育毛剤を試してみることも必要でしょう。

育毛剤は男性にしかないので自分には使えないと思いこんで手遅れになる場合があります。しかし女性の育毛剤はありますので、女性も薄毛対策できます。