血液を綺麗にすることでアンチエイジングも

ヨーロッパでは昔から行われていた美容法

オゾン療法とも呼ばれる血液クレンジングは日本ではまだまだ馴染みが薄い美容法ですが、外国では以前から行われている歴史がある美容法です。特にヨーロッパでは盛んに行われており、ドイツやイギリスなど数多くの国で認知されている美容法となっています。
血液クレンジングは名前の通り自分の血液を綺麗にすることで若々しさを保つことが出来ると言われている美容法です。採血した血液を医療用オゾンで活性化させてから再び体内に戻すという美容法であり、新鮮な血液を体中に流すことで体全体を活性化させることが期待出来ます。
血液は全身に酸素や栄養素を運ぶ大事な役割を果たしており、血液がドロドロになってその働きが滞ってしまうのを防ぐ効果があるのです。

細胞全体を若返らせる効果も

血液クレンジングで血液を新鮮で綺麗な状態にするということは、全身にしっかりと酸素や栄養を行き渡らせることが出来るようになります。
そのため、全身の細胞を活性化して若返らせる効果が期待出来るのです。
これは体内にある活性酸素を除去する効果も期待することが出来ます。体内で過剰に生成された活性酸素は老化現象の原因となり、様々な病気を引き起こす原因となることもあります。
血液クレンジングはそんな活性酸素を除去することが期待出来るのでアンチエイジング効果だけではなく、免疫力を高めて病気になりにくい体にすることが期待出来るのです。
また、乳酸の蓄積を防ぐ効果も期待出来るので疲労感に悩まされているという人にも有効です。

血液クレンジングは、慢性的な体の不調の改善だけでなく、免疫力の向上や新陳代謝の活性化など様々な効果を期待できます。