義歯をかぶせたあとにも土台の歯が虫歯になる可能性はある

義歯のメンテナンスを怠ると再度虫歯になることも

虫歯になったとき、歯の神経を抜いて義歯をかぶせたとしてもそれだけで自分の歯をずっと残せると決まったわけではありません。というのは、ブリッジや差し歯をかぶせたとしてもきちんと歯磨きをしてメンテナンスをしないと、かぶせたところの隙間から虫歯菌が侵入して再び虫歯になってしまうことがあるからです。もともと、虫歯を削って象牙質が露出した歯は虫歯菌から自分の身を守ることがとても困難なので、再度虫歯ができれば一気に広がってしまいます。そうならないようにするために、義歯をかぶせた後もしっかりと歯を磨いて、定期的に歯医者に通ってメンテナンスを行うようにしましょう。

虫歯の状態がひどければ抜歯もあり得る

では義歯をかぶせた自分の歯が虫歯になった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。実はブリッジや差し歯というのは医療用の接着剤で土台の歯にくっつけられているものなので、剥がそうと思えば剥がすことができます。そのため、もし土台の歯が虫歯になってしまった場合は一度義歯を外してから再治療し、再びかぶせるということになるのです。そのため、再度虫歯になったとしても自分の歯を失うとは限りません。ただ、虫歯の状態があまりにもひどい場合は義歯の土台として自分の歯を残すことができなくなり、最終的には抜歯ということになってしまうでしょう。そうなればブリッジを作り直すか、入れ歯にするか、あるいはインプラントにするしかありません。インプラントということになると保険適用外で高額な治療費がかかってしまうので、そういう選択をしなくてもいいように注意しましょう。

根管治療は、重度の虫歯の治療の方法のひとつであり、成功させるためにはベテランの歯科医師の高い技術が求められます。